大会規則

大会規則 2018-01-19T11:27:43+00:00

1.大会規則
2018年日本ゴルフ協会ゴルフ規則および福島ゴルフトーナメントプロアマ大会ルールを適用する。競技規定に変更もしくは追加がある場合は、運営事務局より、開催当日受付掲示板へ掲載致しますのでスタート前に各自確認下さい。

付属規則 I(C)競技の条件

1.使用クラブおよび使用球の仕様
a.適合ドライバーヘッドリスト掲載の制限

【高反発クラブの使用禁止について】 2008年1月1日からSLEルールが施行され、スプリング効果の基準値を超える高反発ドライバーは、不適合クラブとなりました。 本競技において、SLEルールの基準を超える高反発ドライバーを使用した場合、重大なルール違反となり、競技失格となります。 本競技参加の際は、使用されるドライバーが適合であるかどうかをご確認のうえ、ご参加ください。適合ドライバーの確認は、 日本ゴルフ協会ホームページ(http://www.jga.or.jp/)内の適合ドライバーヘッドリストをご参照いただくか、ご購入されたショップまたは、 メーカーへお問い合わせください。
b.公認球リスト掲載の制限

使用球の規格 Specification of the ball 公認球リスト List of conforming Golf Balls プレーヤーの使用球はR&A発行の最新の公認球リストに記載されているものでなければならない。 この競技の条件の違反の罰は、競技失格とする。

2.距離計測機器の使用(規則 14-3)

プレーヤーは残りの距離やホールのレイアウトを確認する目的で、距離計測機器、電子機器を使用することができる。これにより得た情報の交換はアドバイス とならない。また、これを使用、操作するためにプレーを不当に遅延させてはならない。 ※水平測量機能、コンパス機能を使用する目的で機器をコース上へ置くこと、またはストロークの補助となるような使用は禁止とする。  この競技の条件の違反の罰は、競技失格とする。

3.練習(規則 7)競技者はプレーを終えたばかりのホールのグリーン上やその近くで練習ストロークをして はならない。これに違反して練習ストロークをした場合、競技者は次のホールで2打罰を加えなければならない。ただしそのラウンドの最終ホールのときは、競技者はそのホールで罰を受ける。但し、ハーフターンでの待ち時間中に練習グリーンでのパッティング練習は可とする。
※プレーを終えたばかりのグリーン上で球を転がすことも禁止する。

4.プレーの中断、プレーの再開(規則 6-8)
事務局からのアナウンスとする。

5.不当の遅延、スロープレー(規則 6-7)
ラウンド中は常にプレーファーストを心掛けてプレーしなければならない。また、ホールアウト後、次のティーインググランドからプレーするまでの間も、プレーを不当に遅らせてはならない。ホールとホールの間の遅れは、次のホールのプレーの遅れとなり、罰は次 のホールに適用される。違反は次の通り事務局で定める。
「初回はその組に対して警告」
「2回目はその組の全選手に1打罰を付加」
「3回目はその組の全選手に2打罰を付加」とする。

6.【大会不成立時の順位決定について】 日没、または荒天の為、全組がホールアウトできず、なおかつ全組が9ホール以上消化した場合は、前半ハーフのスコアにより、 OUTスタート組、INスタート組に分けて順位を決定する。スコアがタイの場合は、OUTスタート組は9番ホール、INスタート組は 18番ホールからのカウントバック方式により決定する(この限りではない場合は別途規定を設けるものとする)

参考資料
日本ゴルフ協会ゴルフ規則